can be easily

簡単ダイエット

リバウンドの恐怖

基礎代謝力の低下

ダイエット後に体重がダイエット前もしくはそれ以上に増加する現象である。体重を減らすことには成功したが、すぐに体重が元に戻ってしまい、結果としてダイエットに失敗してしまうこと。元に戻るだけに留まらずダイエット開始時よりも体重が増えてしまうという最悪の結末を迎えてしまうことも多い。

リバウンドは、停滞期中にダイエットを中断することにより起るのである。停滞期中はホメオスタシス効果により、最大限のカロリーを吸収し、最小限のカロリーで生きれるような体に進化してしまっているのだ(生存のための高性能マシーン化である!)
その状態で、ダイエットを中断し食事を元に戻し運動をやめてしまうような事があれば、体にはカロリーがありあまる状態となり、それは全て脂肪として蓄積されていくのである。その結果ダイエット開始時の体重に戻るだけではなく、以前よりも体重が増えてしまうということになりやすいのである。

また余談ですが、リバウンドをしない為にも定期的に運動は必要です。そこでリバウンド防止にゴルフを初めてみてはいかがでしょうか?ゴルフのスイングを毎日続けてお腹周りの気になる脂肪を減らしましょう。

リバウンドのメカニズム

ダイエットで食事制限を行うと、身体は『今までよりも栄養が不足状態』と認識する。この栄養不足の状態が続くと、人が持つ生命維持機能である『ホメオスタシス』が働く。ホメオスタシスとは少量のエネルギーでも体を維持し行き続けられる様に、生きる為に必要なエネルギー消費を減少させる機能であり、遭難等で長い間食事を取れない場合にはこのホメオスタシスの働きで生き延びる事が出来るわけなのだが、ダイエット時にこの機能が働いてしまうと、『今までと同じように食事を制限しているのに体重が減らない』という、所謂『停滞期』に突入してしまうのだ。

減らした食事量でも身体は維持できる→エネルギー消費を元に戻しても大丈夫と身体が認識するまでには約1ヶ月かかるため、停滞期は約1ヶ月近く続き、痺れを切らしてダイエットを中断してしまいがちだが。この挫折がリバウンドを引き起こす悪魔の鍵となるのだ。ダイエットを中止し、食事を元に戻してもホメオスタシスは尚働いている。つまりダイエット前よりも少ないエネルギーしか使わない身体になっているのにダイエット前と同じ食事を取る→ダイエット前よりも余分なカロリーとして蓄えられやすい→つまり、太りやすい状態になるために、体重が増加してしまうのである。これがリバウンドなのだ。しかも、満腹感を感じる機能にもずれが生じ、ダイエット前の食事量では満足できずに気付かぬうちに量が増えてしまいがちだ。この蟻地獄に陥ってしまえば当然体重は増加の一途。これを何度も繰り返す事で、どんどん太りやすく痩せにくい脅威の身体がつくられていくのだ。

満腹感のずれ

満腹感とは、脳の視床下部の満腹中枢に刺激が送られることで生じる。満腹中枢を刺激する方法としては主に3つの方法がある。

1.胃壁が伸びること 2.血糖値が上がること 3.レプチンの量の増加

リバウンド中でも、胃壁は伸び、血糖値は上がる、ここでいう満腹感のずれとは、レプチンの量が問題です。しかも厄介なことにレプチンの量が一番満腹中枢を刺激するのです。レプチンは、脂肪細胞に脂肪が吸収されることによって分泌される。脂肪とはいわばエネルギーの貯金であるから、その貯金が十分になると、脳がもう十分貯金があるからもう食べなくていいよと、満腹中枢を刺激して食事を中断させるのである。

リバウンドしない為には

ホメオスタシスは体重が1ヶ月に5%以上減少すると危機感を感じて最大限に働く。最大限に働いてしまうと苦しい思いをして食事を減らしても殆ど体重は減らないのだ。それよりも減少ペースを月5%以内に押さえた方が、結果的にはダイエットの近道となるのである。体重を減らすペースは1ヶ月に体重の5%以内に押さえることが望ましい。体重は減ったのに痩せて見えない-良くある事である。風邪などで2.3kg痩せたとしても、それは痩せたのではなくやつれただけ。身体に蓄えられた脂肪が燃やされた訳ではないのである。体重の減少が身体に反映してくるのは約1ヶ月後。ホメオスタシスが調整され元に戻るのも1ヶ月後。つまり、減らした体重を約1ヶ月維持し続けられれば、見た目も痩せ、食事量も減り、リバウンドも起こらないという事。頑張って1か月我慢して停滞期を乗り越える事が成功への近道なのである!

注目サイト

貸事務所 横浜
http://kanagawa-tenanto.com/
陰山泰成から学ぶ
http://www.a-nponet.jp/connect/11996.html
少人数 結婚式 名古屋
http://www.dubonnet.jp/

Last update:2016/11/14

TOPへ戻る